肥前びーどろについて

まずは肥前びーどろウェブサイトへお越し下さいましてありがとうございます。
肥前びーどろは佐賀市の重要無形文化財に指定されている手作りの宙吹きガラス食器の伝統工芸です。江戸末期から続く技術を受け継ぎ明治36年より佐賀市で110年以上。今では全国でも肥前びーどろでしか目にかかれない技術やオリジナル性の高いガラス食器をお作りしております。
宙吹きと呼ばれる型を一切用いない吹きガラスの中でも特に技術的には難しい物をお作りしております。
2本の硝子棹を使って作るレトロなガラスの燗瓶や、素朴だけど味わいのあるコップ類。そして品のある盃にオシャレなグラスなど現在では様々なガラス製品をお届けいたします。
是非ともご自宅用をはじめ、プレゼントや内祝など各種ご贈答にもお使い頂ければと思います。

新作のご紹介

縄文フリーカッ
虹色しずく型コップ)
片口アサギ酒器セット

伝統を守り続けて今までの商品を大事に作り続けてはおりますが、新しい物を求めて試作を重ね新作を作っております。
今年は盃を数点新しい物を加えました。最近ではあまり作れていなかった透明(スキ)生地をメインにしたラインナップです。定番の千代口からスキ生地にアサギとピンクの色の粒を少し足した銀彩千代口スキ(アサギ・ピンク)。そして千代口とはまた違ったすっきりした雰囲気の「銀彩盃スキ」。あえて丸みをおさえて作ったこの盃は早くも人気になってきております。
定番化しておりました「片口アサギ酒器」に少し変化を加えました。口元を簡素化し、価格を抑えました。お求めしやすくなったことによりプレゼントなどに使いやすくなったかと思います。

トピックス-最新情報-

【2016/11/15】
12月6日~12月11日までフレスポ鳥栖の「小さな工芸館」にて個展を開催致します。
【2016/11/14】
11月16日~11月29日まで長崎空港の搭乗口前にて展示販売致します。
【2016/10/21】
10月28日~11月6日まで2016佐賀熱気球世界選手権の会場に出店致します。
【2016/10/13】
10月19日~24日まで福岡三越にて開催される「三越ジャパンセンスィズ佐賀」に参加...
【2016/09/30】
ハウステンボスで開催される「世界フラワーガーデンショー」にお邪魔致します。
【2016/08/26】
9月5日~11日まで静岡県浜松市の遠鉄百貨店に初出品致します。
【2016/08/26】
9月2日~9月15日まで長崎空港の搭乗口前にて展示販売致します。

オンラインサイト(通販)について

肥前びーどろ製品をインターネットでのご購入が可能です。全ての商品が完全なハンドメイドですので、売切れが続くものもございますが、是非ともご利用下さい。
なめらかな肌合いと手作りの温かみが魅力の「宙吹きガラス」は、普段使いはもちろん、特別な日のプレゼントにもおすすめです。当社では、江戸末期からの伝統である宙吹き技法「ジャッパン吹き」を守りながら、食器やロックグラス、肥前かんびん、虹色タンブラーといった 肥前びーどろを製作しています。職人技が光る肥前びーどろは、引き出物やお祝いの品にも選ばれることが多く、ギフトラッピングも無料で行っています。
熨斗や命名札までご用意していますので、吹きガラスのオシャレグラスや食器の通販なら当社をご利用下さい。